2009年01月30日

NHKはなぜいいのか?




NHKの中国語会話について紹介いたいと思います。

NHKの良いところは中国語の音源があるところです。外国語を勉強する時は外国語の「音」を聞く必要があります。ちゃんと聞くことができなければ話すこともできません。
英語でいえば日本の英語教育が使える英語になっていないのは「読み」と「書き」を重視していて「話す」と「聞く」をおろそかにしているからです。言葉は「聞く」ことと「話す」ことがある程度できてから「書く」と「読む」ができるようになると思います。言葉はコミュニケーションを取る道具です。

良い例が、海外の留学生、日本語を書くことと読むことはできなくても話すことと聞くことはできるという人も多いのではないでしょうか?コミュニケーションもしっかり取れています。

そういう意味でもNHKはしっかりした音源があって「聞く」練習もでき、「話し方」も教えてくれるのでいい教材なのです。しかも講師も一流の人たちです。


次に安いことです。NHKのテキストは毎月300円程度です。テレビとラジオ両方買っても600円くらいでしょう
年間で計算しても1万円かかりません。特に初心者は高いお金を払って中国語教室に行くよりも効果的なのではないかと思います。

最後に毎日20分くらいの時間で放送していることです。1日20分くらいならば勉強も苦にはならないと思います。しかも再放送もやっているので朝聞き逃しても夜聞くこともできます。反復して練習できるのがいいと思います。語学の勉強に反復は欠かせません。毎日聞いていればリスニングの力もついてきます。

以上NHKは良いことばかりだと思います。
それでもやはり中国語教室に行きたいとかちょっと高いけど流行りの教材で勉強したいと思う人もいると思います。でもできるならばNHKである程度基礎を(正しいピンインの読み方と発音法くらいは・・)付けてから教室に通うなり、教材を購入するなりした方がいいでしょう。

それら教室、教材を使って勉強する場合、基礎がある程度できてるかで伸び方に差が出きます。基礎がある程度できてからやるならば効果もかなり期待できるでしょう。

とりあえずまずはNHKでしっかり基礎を身につけましょう!





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村




★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜




毎日放送↓↓侮れないNHK




タグ:NHK 中国語
posted by シャオ ワン at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、今まで独学以外で中国語を習った事がないです。
最初は、仕事で広州にばかり行っていたので広州訛りらしいです。
Posted by 浪漫飛行 at 2009年01月31日 10:39
浪漫飛行さん

私は福建省の福州に半年ほどいました。なので私の中国語も福建訛りかもしれません。
聞き取るのも北京の人よりも南方訛りのある人の方が聞き取りやすいですね。
Posted by シャオワン at 2009年01月31日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113417476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。