2009年02月15日

相互学習

勉強教材ではないが勉強の方法として相互学習というものがあります。

どんな勉強法かというと中国人の留学生や友達とお互いの言語を教え合うんです。日本にも日本語を学びに来ている中国人の方はたくさんいます。また留学した場合、留学先でも日本語学科学科もあるはずです。

日本語を勉強したい中国人のと仲良くなってお互いに教え合うのです。

ただ始める前に、どのようにやるかはしっかり話った方がいいと思います。

中国の人は積極的な人がとても多いです。相互学習でも、相手に押されて自分が日本語ばかりを喋る羽目にもなりかねます。30分ずつ教え合おうとか最初に取り決めるといいでしょう。

そしてこの相互学習のいいところは言葉だけではなく相手方の文化や風習も知ることができます。言葉を覚える上で、その国の文化や風習を知ることは予備知識としてもとても大切です。その予備知識のおかげで理解できな言い回しとかことわざも理解できるようになるかもしれません。

ではどこで中国人の友人をさがすか?日本国内ならば大学や日本語学校に行って探してみるといいと思います。シャオワンは日本にいるときは大学の留学生寮とかに飛び込みで行ったこともあります。さすがに最初はためらいましたが、相手も日本に来る以上、日本人と仲良くなりたいはずと思って行きましたね。

大学の留学生寮は案外、誰でも入れると思います。受付の人とかがいるならば「中国人の友達を作って中国語を勉強したい」と伝えれば紹介してくれるかもしれません。

留学先ならば現地の大学の日本語学科に乗り込むのが一番です。緊張するかもしれませんが相手も歓迎してくれると思いますよ。

そして中国人の友人ができたならば素晴らしいとは思いませんか?





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




タグ:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114289088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。