2009年02月25日

三国志

昨日は中国に興味を持とうと書きましたが、三国志が大好きで中国語を始めた人も多いのではないでしょうか?

そして中国語を覚えたら、実際に中国へ行き三国志の史跡巡りをしたいなんて考えている人も多いと思います。

シャオワンも三国志大好きです。また最近は、映画「レッドクリフ」も上映され、三国志ファンも増えたのではないでしょうか?

この三国志、昨日のブログにも書きましたが、中国語のことわざとか故事成語にもよく出てきます。

たとえば日本語で「噂をすれば影」ということわざがありますが中国語では「説曹操、曹操就到」(曹操の話をすると曹操がやってくる)と言います。

曹操という人は三国志に登場する人物です。どんな人物、ここでは割愛しますが、映画「レッドクリフ」にも悪役として登場します。

また「三人寄れば文殊の知恵」ということわざは、中国語では確か「三個臭皮匠,勝過一個諸葛亮」(だめな職人でも3人集まれば、諸葛孔明に匹敵する)だったと思います。諸葛孔明という人はとても頭がいい人なのです。

こちらも「レッドクリフ」に登場します。

こうみると三国志は中国文化に溶け込んでいることが伺えます。ことわざから三国志を見るのも面白いかもしれません。

また中国語が流暢な人はうまくこれらことわざも使います。実際の会話でもことわざが言えるようになればいいですね。





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




posted by シャオ ワン at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114808632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。