2009年03月21日

中国語はリズムだ!

だいぶ前のNHKの中国語講座で「中国語、発音良ければ半ばよし」と言われていたと思い出があるのですが、確かに正しいと思います。

しかし完璧な発音、声調を気にし過ぎて実際に話すことに不安を感じすぎるのはいかがなものでしょうか?

発音、大事だと思いますが、このブログでも紹介したとおり、中国語は訛りが多いのも事実です。しかし現地では訛りはあるものの普通に中国人同士会話をしています。

中国留学中にシャオワンが感じたのは中国語はリズムではないかということです。音楽のラップ調でリズムよく話すということです。中国語の一つ一つのフレーズは何かリズムのようなものを感じませんか?

例えば「多少銭?」(いくらですか?)とか「我想去上海」(私は上海に行きたい)のようなフレーズを言うときリズム口調にも聞こえませんか?

中国にいるとき感じたのが、現地にいる人も中国語の声調がちょっと違うような人もたくさんいました。しかし彼らはリズムよく話しています。中国語をリズムよく話すことも上達の一つだと思いますよ。

このリズム、中国の歌とかで勉強するのもいいと思います。歌は成長はあまり関係ないのですが、リズムよく発音されています。中国語の歌のCDを買ってみるのもいかがでしょうか。

こちらで中国語の歌も紹介されています。興味のある方は是非ご参照ください。⇒愛 LOVE 中国 !!




1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

ラベル:中国語 発音
posted by シャオ ワン at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。