2009年03月22日

世界の中華料理

今日は中華料理について書いてみようと思います。
中華料理シャオワンも大好きです。
よくシャオワンも海外旅行に行くのですが、なぜか中華料理は必ず旅行先で食べるように感じます。

というのも、中華料理は世界どこに行ってもあるようです。アメリカ、ヨーロッパ各国にも中華街はあるようですし、オセアニアにも中華料理屋はありました。

多少、日本の中華とは違うところもありますが、旅行先で現地の食事に飽きた時、無難な料理として、食べる人も多いのではないでしょうか?

中国語同様、中華料理も世界中どこに行っても食べられるようです。将来海外でレストランをするならば中華料理ならばどこの国でも受け入れてくれるのではないでしょうか?

ところで海外の中華料理屋さん、当然現地の言葉か中国語しか通じないところも多いようです。メニューも漢字で書かれていますが、どういう料理なのか見当すら付かないことも、多いのではないでしょうか?

中国語を実践で使う上で、食べ物の名前を覚えるのは必須のようです。

実際シャオワンが中国に初めて行った時、食堂で食べ物を選ぼうとしました。当然全部漢字なのですが、漢字のイメージだけで注文をしたら、自分が予想していたものとは全く違うものが出てきてびっくりした思い出もあります。

中華料理の名前、読み方も意外に侮れません!!





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

ラベル:中国語 中華 中国
posted by シャオ ワン at 22:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海鮮料理に行くと、中国語で料理の仕方とかを聞かれるのが困りますね。
多少は分かるにしても、細かい料理の仕方までは分かりません。
中国も北と南で料理の仕方も違うので、全く通じない事もあります。
Posted by 浪漫飛行 at 2009年03月24日 00:25
確かに広い中国、料理でも地方によって違いますね。辛かったり甘かったり。
でも中華料理はいつ食べてもおいしいですね。
Posted by シャオワン at 2009年03月25日 07:28
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書の見本 at 2013年12月22日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。