2009年03月22日

世界の中華料理

今日は中華料理について書いてみようと思います。
中華料理シャオワンも大好きです。
よくシャオワンも海外旅行に行くのですが、なぜか中華料理は必ず旅行先で食べるように感じます。

というのも、中華料理は世界どこに行ってもあるようです。アメリカ、ヨーロッパ各国にも中華街はあるようですし、オセアニアにも中華料理屋はありました。

多少、日本の中華とは違うところもありますが、旅行先で現地の食事に飽きた時、無難な料理として、食べる人も多いのではないでしょうか?

中国語同様、中華料理も世界中どこに行っても食べられるようです。将来海外でレストランをするならば中華料理ならばどこの国でも受け入れてくれるのではないでしょうか?

ところで海外の中華料理屋さん、当然現地の言葉か中国語しか通じないところも多いようです。メニューも漢字で書かれていますが、どういう料理なのか見当すら付かないことも、多いのではないでしょうか?

中国語を実践で使う上で、食べ物の名前を覚えるのは必須のようです。

実際シャオワンが中国に初めて行った時、食堂で食べ物を選ぼうとしました。当然全部漢字なのですが、漢字のイメージだけで注文をしたら、自分が予想していたものとは全く違うものが出てきてびっくりした思い出もあります。

中華料理の名前、読み方も意外に侮れません!!





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

ラベル:中国語 中華 中国
posted by シャオ ワン at 22:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

中国の女性

先日中国でのマナーついて書き、そこで中国の女性の話もしました。今日は中国の女性について書いてみたいと思います。

中国の女性、綺麗な人が多いです。スタイルも良い人多いですね。

中国の食堂とかに行くとスタイルの良い女性が、男並みに食べていて「よく太らないものだな〜」と感心するものです。

そんな美貌に魅かれて中国人の彼女を作る人、あるいは中国の女性と結婚する人もいるようですが、なかなか難しいようです。

ここからは可なりシャオワンの独断と偏見もあると思いますが、中国の女性は気の強い人が多いと思います。とにかく独立心が強く、男顔負けのところもあるかもしれません。

実際、中国では日本より女性の社会進出も多いと思います。中国の女性は外見は日本人に似ている所も多いかもしれませんが、考え方・思想はかなり違うと思います。

1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


美しい中国の女性を見たい方は→愛LOVE中国



ラベル:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 22:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

中国に行ってびっくりしたこと!!

以前中国に行ってトイレにびっくりしたと書きましたが、今日もいくつかびっくりしたことを紹介させていただきます。

ちょっと汚い話もあるかもしれませんがご容赦ください。

今はどうかわかりませんが、中国の人は並びません。レジでもバスでもお店でも・・特に郵便局とか公共の施設で何か買うときは、もたもたしていてはなかなか自分の番が回って来ないでしょう。

シャオワンが一番嫌だったのは公的機関に手続きに行く時でした。
まずみんな並ばない、割りこんだ者勝ち!!といったところです。

周りを押し分けてでも従業員(服務員)の手の届くとろに自分の書類を持っていかなくてはなかなか受理してもらえないほどでした。
そこまでしてでも割り込まなくてはやっていけないようでしたね。
中国の方のたくましさがここに見えましたね(笑)


他にもびっくりしたのがどこでもお構いなしにゴミは捨てるはツバは吐くはで・・しかも女の人でもお構いなしに吐きますね(汚くてすみません)

特に日本で言う「ミス○○大学」みたいな美人の人が突然「か〜っぺ」としたときには本当に驚きましたね。中国の女性、たくましいというのかなんというのか・・日本では考えられないですね。

最後にお金が汚い・・・特に1元札とか、それ以下のお札は真っ黒で触るのも嫌なくらい汚いものがありました。お札はいろんな人の手に渡るから汚れていくものだと思いますが、日本では信じられないくらいぼろぼろでべたべたのお札もありました。

買い物して、お釣りでこんなお札をもらってしまったら触るのも嫌になりましたね。
笑い話ではありませんが、中国で汚いものはトイレとバスとお金なんていう話も聞いたことがあるくらいです。お金ももっと大切に扱って欲しいと思いましたね。

これらの経験は5年以上も前の話ですが今はどうなんでしょう・・北京オリンピックのおかげでこれらマナーなどはだいぶ良くなったとの話を聞いています。

初めてこれらのことを知らずに中国に行った人はカルチャーショックを受けるかもしれませんね(笑)





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


明日から3日間更新できません。申し訳ありません。
ラベル:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

長距離バス

中国を旅行すると、かなりお世話になるのが長距離バスです。鉄道もいいのですが、長距離バスは中国のどこの街からも出ています。そして予約もしやすく、鉄道よりも安いのが魅力でしたね。

北京から上海、上海から広州なんていう超長距離のバスもあったと思います。

シャオワンも中国にいるときは、バスにお世話になりました。そしてびっくりしたのが寝台バスです。

2段ベッドがバスの中にあるのです。中には3段ベッドのものも!!

たしか雲南省から四川省に抜けるときに、利用した思い出がありました。そして恐ろしいことに、夜中でも山道を猛スピードで走り続けるのです。

夜中目を覚ましてみてふと窓を見たら、バスのすぐ横が谷だったなんて記憶もあります。生きた心地がしなかったですね。

バスにもいろいろ種類があり、「高速」とか「豪華」とか大きく書かれています。しかし実際「豪華」と書かれていても豪華ではないものが多いです。さすが中国、大々的に書くな〜と思いました(笑)

バスの旅行も体力をかなり使いますが今ではいい思い出です。中国に旅行に行く際はぜひ長距離バスを使ってみるのも面白いのではないでしょうか?中国の方の生の生活感なども味わえて面白いと思いますよ。




1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国 中国語
posted by シャオ ワン at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

三国志

昨日は中国に興味を持とうと書きましたが、三国志が大好きで中国語を始めた人も多いのではないでしょうか?

そして中国語を覚えたら、実際に中国へ行き三国志の史跡巡りをしたいなんて考えている人も多いと思います。

シャオワンも三国志大好きです。また最近は、映画「レッドクリフ」も上映され、三国志ファンも増えたのではないでしょうか?

この三国志、昨日のブログにも書きましたが、中国語のことわざとか故事成語にもよく出てきます。

たとえば日本語で「噂をすれば影」ということわざがありますが中国語では「説曹操、曹操就到」(曹操の話をすると曹操がやってくる)と言います。

曹操という人は三国志に登場する人物です。どんな人物、ここでは割愛しますが、映画「レッドクリフ」にも悪役として登場します。

また「三人寄れば文殊の知恵」ということわざは、中国語では確か「三個臭皮匠,勝過一個諸葛亮」(だめな職人でも3人集まれば、諸葛孔明に匹敵する)だったと思います。諸葛孔明という人はとても頭がいい人なのです。

こちらも「レッドクリフ」に登場します。

こうみると三国志は中国文化に溶け込んでいることが伺えます。ことわざから三国志を見るのも面白いかもしれません。

また中国語が流暢な人はうまくこれらことわざも使います。実際の会話でもことわざが言えるようになればいいですね。





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




posted by シャオ ワン at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

中国は偽物が多い!?

中国に行ったことのある人はわかると思いますが中国はニセモノが多い国です。

どんなものにもニセモノがあると思います。ブランド品を始めバイク、車、ゲーム機何でもありますね。ニセモノが良い悪いはここでは書きませんが、見ているだけで面白いものもあります。

たとえばバイク。HONDAと書いてあると思いきや「HONUDA」だったりしますね。思わず笑ってしまいました。あとブランド品。シェネル(CHANEL)ではなくて(CHANNEL)チャンネルだったり・・テレビじゃないよ!と思わず突っ込みたくなるほどでした。

ただシャオワンが中国でとても厄介だなと感じたニセモノがありました。それはお金です。

中国には偽札がたくさんあります。お釣りにまぎらせてつかまされたりもします。特に100元札や50元札を使うときは要注意を!!

大きなスーパーやホテルなどは偽札判別機を持っていて、そのお店の信用問題などもあるのでまだいいのですが、タクシーとか小さな商店で大きなお札を使うときは要注意です。

特に初めて行くお店とか旅行者と相手に思われたりとかすると偽札をつかまされる可能性が高いです。

偽札自体、持っていても警察(公安)に逮捕はされませんが、没収されます。要するに損するということです。

そして行者や留学に来たばかりの人は見分けが付きません。なので自衛策としては小銭や10元札を多く持っていた方がいいと思います。

大きなお札は敢えて、信用できそうなお店で使って小銭を増やしておきましょう。そしてタクシーや初めてていくお店では小銭を使うようにしましょう。そんな訳で小銭の価値を中国にいると実感すると思います。

中国に行くとお札ではババ抜きをやっているようにも感じましたね。

中国では、とにかく偽札にはご注意を!




1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国 中国語会話
posted by シャオ ワン at 19:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

中国語は世界語!?

中国語というと中国語圏の国(中国、台湾、香港など)でしか通用しないと思いますが意外にいろんな国で通じるのです。

シャオワンの経験から東南アジア、オセアニアでは結構通じました。

まずは東南アジア。マレーシアやシンガポール、インドネシアなど華僑の人が多い国です。だいたいどこの町に行っても中華系の人に出会います。もちろんこれらの国は英語も通じるとは思いんすが中国語も案外通じるものだと思いました。しかも現地の華僑の方は日本人が中国語を話すと結構感心しますね。「日本人なのにすごいな〜」とみたいな言葉をよくかけられましたね。

そしてオーストラリア。
シドニーには中華街があります。またシドニーは移民も多く、中華系をはじめ東南アジアの人たちもたくさん住んでいます。なんか中国語使えそうでしょう・・

ニュージーランドもオーストラリア同様、移民の国です。特にニュージーランドでは中国語に助けられました。

これらオセアニアの国々、英語は独特の訛りがあります。正直シャオワンは英語が得意ではありません。訛りのある英語ならば当然会話も大変です。道を聞いたり、買い物をするのも一苦労です。
そこで中国語が話せそうな人を見つけて道を聞いたりするのです。ニュージーランドなんかたくさん華僑っぽい人がいます。彼らに本当にお世話いなりました。

そしてニュージーランドでは長距離バスを予約するのにも受付担当者が中華系の人で無事予約できました。おまけにその人に「日本人なのによく中国語話せるな。すごいよ!」みたいにほめられてとても良い気分になりましたね。シャオワンは単純なので、こんなほめ言葉でもすぐに気分が良くなってしまいます。

おかげでニュージーランド旅行の良い思い出が一つ増えました。こんな時に中国語やっておいてよかった〜と感じますね。

今はアメリカやヨーロッパにも中華系の人はたくさんいるようです。英語も国際語ですが中国語も世界中で通用する言語となりつつあるのではないでしょうか?中国語、勉強したらあなたの世界が広がるかもしえませんよ〜!!





NHKで基礎を学びましょう→NHK外国語講座











人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村




posted by シャオ ワン at 22:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

2000万人失業者増加!?

先ほどyhooのニュースで見たのですが中国の失業者も急増しているようです。
参照http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000079-jij-int

中国という国は内陸と沿岸で格差がとてもあります。内陸の人たちがお金を稼ぐために沿岸部の大都市(広州とか福建、上海などが有名)に出稼ぎに来ているのです。

よく春節になると13億人の大移動なんて言われますがこれは出稼ぎに来ている人が故郷に戻るのが要因の一つでしょう。

シャオワンがこのニュースを聞いて気になったのは治安の悪化です。
正直中国は日本より治安が悪いです。スリ、置き引きなどは日常茶飯事です。シャオワンも中国在住中にスリに被害にあいそうになったこともあります。

後ろにカバンを背負っていてふと振り返ったらカバンの中に人の手が・・びっくりしましたね。

今回のニュースで特に心配なのがスリや置き引きではなく強盗など起こりやすくなるのではないかということです。
日本では考えられませんが無一文で食べのものを買うお金すら持っていない人がたくさんいます。彼らは生きるために盗みをしてしまうということです。食べるものがない、やむを得ず強盗、なんて事件もあるでしょう。失業者が増えたらなおさら心配です。

そう考えると日本はまだいいのかなと思いますね。
中国、お隣の国ですが日本とはだいぶ違うところもあります。普通に旅行する分には大丈夫たと思いますがスリや置き引きに気をつけるのはもちろん、危険と言われている所へは絶対に近づかない方が良いと思います。




NHKで中国語を学びましょう→NHK外国語講座










人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村




★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜




ラベル:中国 民工
posted by シャオ ワン at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

中国ってどんな国





今日は中国語からちょっと離れて中国について書いてみま〜す。

お隣の国、中国。中国と言えば歴史、料理、太極拳なんてイメージがあると思いますが果てしてどんな国なのでしょうか?

シャオワンの経験をもとに独断と偏見を交えて中国について書いていきたいと思います。

初めて中国に行った時はびっくりしました。何にって・・まずはトイレです。知っている方もいるとは思いますがトイレに壁がありません。ちょっと汚い話ですが大きい方も丸見えです。

はじめ中国の公衆トイレに入ったとき「まさか〜」とは思いましたがいたのです。堂々と用を足している人が・・こっちを見て踏ん張っているのです。目のやりどころに困りましたね。

さすがに今は上海とか北京のような大都市ではこのような光景はもうないとは思いますが、田舎の方ではまだまだあると思われます。

隣の国で知っているようで知らない国ですね。トイレ以外にも驚くことはまだまだありました。今後少しづつ紹介していきます。

中国語の学習にお勧め↓↓侮れないNHK





★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜



ラベル:中国 中国語
posted by シャオ ワン at 22:12| Comment(1) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。