2009年03月14日

中国の新聞を読む。時事単語を知る。

中国語の新聞を読むメリット、(その2)として辞書には載っていないような単語や時事ニュースを知ることができます。

例えばアメリカのニュースが出てきたとします。そこに「白宮」という単語が出てきたとしましょう。

この「白宮」という単語おそらく辞書には載っていないと思います。「白宮」は中国語では「ホワイトハウス」という意味です。

あと地名や国名、なんかも普通の教材ではなかなかお目にかかれず覚える機会も少ないと思いますが、新聞にはそのような単語がたくさん出てきます。

でもやっぱり新聞は難しいと思う人は多いのではないでしょうか?
そんな時は、日本でも中国でも話題になっているニュース、例えばイラク関連の新聞等を読んでみてはいかがでしょう。日本でも話題になっているので予備知識もありますし、案外読みやすいのではないでしょうか。

日本語の新聞で予備知識を蓄えて、それと似たテーマの中国語の新聞を読むというのもいいかもしれません。

そして中国語の新聞を読むときは完全に理解しようとしないことです。大まかな内容が理解できたら良しとしましょう。完璧を求めて読むと疲れますし、長続きしません。

また自分が興味のある記事を読むこともお勧めします。

そんな感じで少しづつ中国の新聞に慣れ親しむのがいいと思います。





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


ラベル:中国語
posted by シャオ ワン at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

NHKを毎日聞く。

NHKはいい教材だと紹介しましたが、実際どれくらい効果があるでしょうか?

シャオワンが初めてHSKを受ける前、約半年、NHKのラジオを聴き続けました。ほぼ毎日でしたね。

時間も20分くらいということもありさほど毎日聞くのも苦にはなりませんでした。

毎日聞いていて何が変わったかというとリスニングの力です。おかげで半年後のHSKは基礎で3級を取ることができました。

日本人は読み書きは諸外国の学生に比べて強いと言われていますが、リスニングは苦手な人が多いと思います。

NHK、リスニング力を鍛える意味でも、もってこいの教材です。

しかも今はipodとかMP3とかとても便利な道具もあります。NHKラジオを録音して通勤、通学中に聞くことも可能です。

そして毎日無料で中国語の音源を聞くことができます。こんな良い教材はあまりないのではないでしょうか!?

毎日続けるだけで本当にリスニングの力は変わります。リスニングが苦手と思っている人は一度試してみてください。






1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国 中国語
posted by シャオ ワン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

相互学習

勉強教材ではないが勉強の方法として相互学習というものがあります。

どんな勉強法かというと中国人の留学生や友達とお互いの言語を教え合うんです。日本にも日本語を学びに来ている中国人の方はたくさんいます。また留学した場合、留学先でも日本語学科学科もあるはずです。

日本語を勉強したい中国人のと仲良くなってお互いに教え合うのです。

ただ始める前に、どのようにやるかはしっかり話った方がいいと思います。

中国の人は積極的な人がとても多いです。相互学習でも、相手に押されて自分が日本語ばかりを喋る羽目にもなりかねます。30分ずつ教え合おうとか最初に取り決めるといいでしょう。

そしてこの相互学習のいいところは言葉だけではなく相手方の文化や風習も知ることができます。言葉を覚える上で、その国の文化や風習を知ることは予備知識としてもとても大切です。その予備知識のおかげで理解できな言い回しとかことわざも理解できるようになるかもしれません。

ではどこで中国人の友人をさがすか?日本国内ならば大学や日本語学校に行って探してみるといいと思います。シャオワンは日本にいるときは大学の留学生寮とかに飛び込みで行ったこともあります。さすがに最初はためらいましたが、相手も日本に来る以上、日本人と仲良くなりたいはずと思って行きましたね。

大学の留学生寮は案外、誰でも入れると思います。受付の人とかがいるならば「中国人の友達を作って中国語を勉強したい」と伝えれば紹介してくれるかもしれません。

留学先ならば現地の大学の日本語学科に乗り込むのが一番です。緊張するかもしれませんが相手も歓迎してくれると思いますよ。

そして中国人の友人ができたならば素晴らしいとは思いませんか?





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

NHKはなぜいいのか?




NHKの中国語会話について紹介いたいと思います。

NHKの良いところは中国語の音源があるところです。外国語を勉強する時は外国語の「音」を聞く必要があります。ちゃんと聞くことができなければ話すこともできません。
英語でいえば日本の英語教育が使える英語になっていないのは「読み」と「書き」を重視していて「話す」と「聞く」をおろそかにしているからです。言葉は「聞く」ことと「話す」ことがある程度できてから「書く」と「読む」ができるようになると思います。言葉はコミュニケーションを取る道具です。

良い例が、海外の留学生、日本語を書くことと読むことはできなくても話すことと聞くことはできるという人も多いのではないでしょうか?コミュニケーションもしっかり取れています。

そういう意味でもNHKはしっかりした音源があって「聞く」練習もでき、「話し方」も教えてくれるのでいい教材なのです。しかも講師も一流の人たちです。


次に安いことです。NHKのテキストは毎月300円程度です。テレビとラジオ両方買っても600円くらいでしょう
年間で計算しても1万円かかりません。特に初心者は高いお金を払って中国語教室に行くよりも効果的なのではないかと思います。

最後に毎日20分くらいの時間で放送していることです。1日20分くらいならば勉強も苦にはならないと思います。しかも再放送もやっているので朝聞き逃しても夜聞くこともできます。反復して練習できるのがいいと思います。語学の勉強に反復は欠かせません。毎日聞いていればリスニングの力もついてきます。

以上NHKは良いことばかりだと思います。
それでもやはり中国語教室に行きたいとかちょっと高いけど流行りの教材で勉強したいと思う人もいると思います。でもできるならばNHKである程度基礎を(正しいピンインの読み方と発音法くらいは・・)付けてから教室に通うなり、教材を購入するなりした方がいいでしょう。

それら教室、教材を使って勉強する場合、基礎がある程度できてるかで伸び方に差が出きます。基礎がある程度できてからやるならば効果もかなり期待できるでしょう。

とりあえずまずはNHKでしっかり基礎を身につけましょう!





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村




★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜




毎日放送↓↓侮れないNHK




ラベル:NHK 中国語
posted by シャオ ワン at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。