2009年03月01日

二胡の曲

二胡の曲というとどんな曲があるか意外に知らない人が多いのではないでしょうか?ちょっと今日はマニアックな話ですが二胡の曲について紹介します。

シャオワンが実際に向こうで二胡に出会った時、是非覚えたいという曲がありました。それは「良宵」という曲です。この曲は劉天華という人が作った曲です。

この劉天華という人は中国の二胡の世界ではかなり有名な人だそうです。

「良宵」のほかに彼の有名な曲は「燭影揺紅」とか「空山鳥語」などがあります。

「燭影揺紅」は日本に帰って来てから習った曲なのですが、とても難しい曲でした。曲のイメージはロウソクの明かりの中で、女性が躍るようなイメージなのでしょうか??結構しんみりする曲です。

さて「良宵」に話が戻りますが、この曲を中国で二胡の先生が弾いた時、絶対覚えたいと思いましたね。猛練習のモチベーションをあげてくれた曲でもあります。

この曲を聴いたおかげである程度二胡が弾けるようにもなったとも思います。まさに「良宵」様様っといった感じです。

あともう1曲、覚えたかった曲に「賽馬」という曲がありました。賽馬とは日本語にすると競馬という意味です。モンゴル風な曲で速い曲です。この曲はこの前紹介した「二胡の曲が聴けるサイト」にもあるので興味がある人は聞いてみてくださいね。





「良宵」が聴けるサイト→レコードトラック
「賽馬」が聴けるサイト→OKINA音楽



1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:二胡 中国語 中国
posted by シャオ ワン at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

シャオワンが中国に行ったもう一つの理由。

二胡、あの独特の音色にひかれる人は多いのではないでしょうか?

シャオワンもその一人でした。中国に留学した理由はもちろん中国語の勉強をするためでしたが、もう一つのも目的、それは二胡を習うことでした。

シャオワンが中国に行くころは、二胡は日本ではあまり知っれている楽器ではありませんでした。「音色は聞いたことあるけどなんていう楽器なんだろう・・」という人が多かったと思います。

留学してまず最初にしたのが、二胡の先生探しでした。しかし中国語もロクに話せず苦労しました。

シャオワンが留学した大学は音楽学科があり、なんとかそこに勢いだけで飛び込んで先生探しをした記憶もあります。

そしていろいろとありましたが、なんとか二胡の先生を探すことができました。

もちろん講義は中国語、生徒はシャオワンを含めて3人、しかも3人とも日本人だったのでとてもわかりやすく教えて頂いた思い出がありました。

また二胡のおかげで中国語の勉強もでき一石二鳥でもありました。

もし語学留学するならば言葉だけ習うのではなく、何かプラスアルファ(たとえば二胡以外にも太極拳、書道などなど)も求めていくといいかもしれませんね。

その方が目的もできて楽しい留学ができるのではないでしょうか?

さて二胡の話に戻りますが、難しい楽器なのです。中国版、バイオリンとでもいうのでしょうか。そして楽譜、日本の五線譜とは違うのです。

中国の楽譜は1,2,3と数字で書かれていて、1が「ド」、
2が「レ」といった感じで表記されているのです。楽譜も見てびっくりしましたね。

そして極めつけは、弾いても音が出ない!!実際に弾いてみたらあの素晴らしい音色どころか、ガラスをひっかくような音しか出ないのです。

これは前途多難と思いましたね。でもどうしても1曲は覚えたかったので、それから現地で猛特訓をしました。

また現地で二胡のCDも買いましたね。

買ったCD↓
ni.jpg

その後、二胡と奮闘することになるのですが、結果的に何曲かは弾けるようにはなりました。やる気になれば何でもできるものです。

中国語でもそうですが初めは苦労すると思います。しかし少しでもできてくると楽しくなるものです。二胡も始めは音すら出ず、大変でしたが、一曲目が弾けるようになった時は、カンゲキでした!!

二胡奮闘についてはまた機会がありましたら書かせていただきます。





追記:二胡が視聴できるサイト OKINA音楽

1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




posted by シャオ ワン at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

中国の音楽を聞く

中国語の勉強の息抜きに中国人歌手の音楽を聞いてみてはいかがでしょう。

有名な歌手としてフェイウォンとかがいます。

おそらく彼女の音楽は日本のCDレンタルショップでも借りることはできるでしょう。

フェイウォンの歌は広東語の歌もありますが、綺麗な北京語(中国語)の歌もたくさんあります。中国人歌手の歌を聞いて発音やリスニングの勉強というのも良いのではないでしょうか?

ちなみにフェイウォン、漢字では王菲と書き、「ワンフェイ」と呼ばれています。

中国や台湾の音楽ショップでも簡単に探すことができると思います。

現地では日本に比べてCDも安いのでたくさん買ってくるのも良いかもしれません。

中華音楽を聞くのも意外に勉強になると思いますよ。





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国語
posted by シャオ ワン at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

胡弓と二胡

中国の楽器と言えば胡弓を思い浮かべる人も多いと思います。

胡弓という楽器は簡単にいえば弓で弾く三味線、中国版のバイオインリンとでもいうのでしょうか。

胡弓にもいろんな種類があり、二胡、京胡、高胡があります。代表的なものは二胡でしょう。
そう以前流行った「女子十二楽坊」が弾いていた楽器の一つです。
二胡は中国語では「アールゥフ」(er hu)と言います。
erhu1.jpg

こんな形の楽器です。ちなみに裏側は
erhu.jpg
こんな風になっています。裏側も面白い形をしているでしょう!?(下に続く)



弦は2本で弓は2本の弦の間に挟まっています。実はシャオワン、二胡
を習いたくて中国に行ったわけでもあります。何曲か簡単な曲は覚えましたが結構難しい楽器です。まずあの音色を出すにはある手度練習しないと出ません。

でも弾けるようになたらとても楽しいものです。

今後、このブログで二胡をはじめ中国の音楽についても紹介していきたいと思います。


NHKで基礎を学びましょう→NHK外国語講座







応援願います↓↓(応援頂ける方、ランキングどれでもいいのでくりっくお願いします)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


posted by シャオ ワン at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。