2009年02月23日

台湾雑話 ―台湾の山―

台湾というと南の島で暖かく、小さな島というイメージがあるのではないでしょうか?

台湾は大きさは九州くらいです。気候も亜熱帯から熱帯の域なのですが雪も降る島なのです。

なぜかというと高い山が台湾島にはたくさんあるからです。しかも高さが3000メートル以上の山が200座以上もあるそうです。

その中で一番高い山が玉山、なんと高さが3950メートル程あるのです。

気づいた方もいると思いますが、そう日本の最高峰「富士山」よりも高いのです。ちなみに富士山の高さはは3776メートルです。

そう考えると台湾って日本より小さい島なのに不思議ですよね。この玉山、日本統治時代には「新高山」と呼ばれていた山なのです。あの真珠湾攻撃の暗号ですね。

シャオワンも小学校の頃から「新高山」という名前は聞いたことがありましたが、それが台湾にあるのを知ったのは高校の時でした。

意外に新高山が台湾にあるということを知らない人は多いのではないでしょうか?

台湾は南北に高い山脈が横たわっています。なので台湾は東西の移動がしにくいところなのです。

そんな高い山がたくさんあるので、登山愛好家には台湾の山は憧れるところもあるそうです。

しかし台湾の山は、確か3000メートル以上の山に登る場合は許可がいるらしいです。

また台湾には日本にいない毒蛇(タイワンコブラとか百歩蛇)がいます。怖いですね〜!コブラがいるとは・・また百歩蛇という名前もなんかヤバそうですね・・・なので勝手に山に入るのはやめましょう。





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国 台湾 中国語
posted by シャオ ワン at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。