2009年02月19日

中国は偽物が多い!?

中国に行ったことのある人はわかると思いますが中国はニセモノが多い国です。

どんなものにもニセモノがあると思います。ブランド品を始めバイク、車、ゲーム機何でもありますね。ニセモノが良い悪いはここでは書きませんが、見ているだけで面白いものもあります。

たとえばバイク。HONDAと書いてあると思いきや「HONUDA」だったりしますね。思わず笑ってしまいました。あとブランド品。シェネル(CHANEL)ではなくて(CHANNEL)チャンネルだったり・・テレビじゃないよ!と思わず突っ込みたくなるほどでした。

ただシャオワンが中国でとても厄介だなと感じたニセモノがありました。それはお金です。

中国には偽札がたくさんあります。お釣りにまぎらせてつかまされたりもします。特に100元札や50元札を使うときは要注意を!!

大きなスーパーやホテルなどは偽札判別機を持っていて、そのお店の信用問題などもあるのでまだいいのですが、タクシーとか小さな商店で大きなお札を使うときは要注意です。

特に初めて行くお店とか旅行者と相手に思われたりとかすると偽札をつかまされる可能性が高いです。

偽札自体、持っていても警察(公安)に逮捕はされませんが、没収されます。要するに損するということです。

そして行者や留学に来たばかりの人は見分けが付きません。なので自衛策としては小銭や10元札を多く持っていた方がいいと思います。

大きなお札は敢えて、信用できそうなお店で使って小銭を増やしておきましょう。そしてタクシーや初めてていくお店では小銭を使うようにしましょう。そんな訳で小銭の価値を中国にいると実感すると思います。

中国に行くとお札ではババ抜きをやっているようにも感じましたね。

中国では、とにかく偽札にはご注意を!




1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国 中国語会話
posted by シャオ ワン at 19:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

中国の音楽を聞く

中国語の勉強の息抜きに中国人歌手の音楽を聞いてみてはいかがでしょう。

有名な歌手としてフェイウォンとかがいます。

おそらく彼女の音楽は日本のCDレンタルショップでも借りることはできるでしょう。

フェイウォンの歌は広東語の歌もありますが、綺麗な北京語(中国語)の歌もたくさんあります。中国人歌手の歌を聞いて発音やリスニングの勉強というのも良いのではないでしょうか?

ちなみにフェイウォン、漢字では王菲と書き、「ワンフェイ」と呼ばれています。

中国や台湾の音楽ショップでも簡単に探すことができると思います。

現地では日本に比べてCDも安いのでたくさん買ってくるのも良いかもしれません。

中華音楽を聞くのも意外に勉強になると思いますよ。





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国語
posted by シャオ ワン at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

語学を勉強するには間違いはつきもの。

中国語もでも英語でもそうですが、たくさん話さなければ実際に使えるようにはなりません。

しかし多くの人は語学を勉強しても、いざ話すとなると間違えるのが怖くて話せなくなる人が多いのではないでしょうか?

それが中国語の教室とかでも、指名されてみんなの前で中国語を答えるのは怖く感じないでしょうか?

シャオワンも引っ込み症のところがあり中国語教室でも、中国人に出会ってもはじめは話せませんでした。

そして、家に帰って「あの時もっと積極的に話せばよかった」と後悔することもたくさんありました。

そしてある時勇気を出して話すようにしました。中国語教室でも積極的に挙手して答えるようにしました。
確かにその時間違えると恥ずかしいですが、この恥かしさと引き換えに間違ったところは確実に覚えることができました。

そして勇気を出して積極的に話しているうちに間違えることに対する恐怖も少しずづ薄れていきます。

言葉を覚えるには間違えながら覚えるのが一番です。初めはみんな恥ずかしいと感じると思いますが、勇気を出して話せれば、中国語上達に一歩、近づけると思います。

中国人に会ったら積極的に話してみましょう。もしかしたら「よく中国語話せるな〜」てほめられるかもしれませんよ〜!
中国語の教室でも積極的に挙手してみましょう。教室は間違えるところです。実際に中国に行って話せなくて苦労するより、教室にいる間n間違えておいた方が良いのではないでしょうか?ちゃんと正しい答えを教えてくれ先生もいますし!

語学を学ぶにあたっては「積極性」というのも重要な要素だと思います。
よく日本に来る海外の留学生、すぐに日本語覚える人が多いですよね。
彼らを見ていると積極的に話しています。中には間違っていようがいまいがお構いなしに話してくる留学生もいました。

日本人に語学は語学のセンスがないとかいう人もいると思いますが、シャオワンはそうではないと思います。彼らとの違いは積極性だと思います。

ガンガン積極的に話してみましょう。






1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国語
posted by シャオ ワン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

NHKを毎日聞く。

NHKはいい教材だと紹介しましたが、実際どれくらい効果があるでしょうか?

シャオワンが初めてHSKを受ける前、約半年、NHKのラジオを聴き続けました。ほぼ毎日でしたね。

時間も20分くらいということもありさほど毎日聞くのも苦にはなりませんでした。

毎日聞いていて何が変わったかというとリスニングの力です。おかげで半年後のHSKは基礎で3級を取ることができました。

日本人は読み書きは諸外国の学生に比べて強いと言われていますが、リスニングは苦手な人が多いと思います。

NHK、リスニング力を鍛える意味でも、もってこいの教材です。

しかも今はipodとかMP3とかとても便利な道具もあります。NHKラジオを録音して通勤、通学中に聞くことも可能です。

そして毎日無料で中国語の音源を聞くことができます。こんな良い教材はあまりないのではないでしょうか!?

毎日続けるだけで本当にリスニングの力は変わります。リスニングが苦手と思っている人は一度試してみてください。






1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国 中国語
posted by シャオ ワン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

相互学習

勉強教材ではないが勉強の方法として相互学習というものがあります。

どんな勉強法かというと中国人の留学生や友達とお互いの言語を教え合うんです。日本にも日本語を学びに来ている中国人の方はたくさんいます。また留学した場合、留学先でも日本語学科学科もあるはずです。

日本語を勉強したい中国人のと仲良くなってお互いに教え合うのです。

ただ始める前に、どのようにやるかはしっかり話った方がいいと思います。

中国の人は積極的な人がとても多いです。相互学習でも、相手に押されて自分が日本語ばかりを喋る羽目にもなりかねます。30分ずつ教え合おうとか最初に取り決めるといいでしょう。

そしてこの相互学習のいいところは言葉だけではなく相手方の文化や風習も知ることができます。言葉を覚える上で、その国の文化や風習を知ることは予備知識としてもとても大切です。その予備知識のおかげで理解できな言い回しとかことわざも理解できるようになるかもしれません。

ではどこで中国人の友人をさがすか?日本国内ならば大学や日本語学校に行って探してみるといいと思います。シャオワンは日本にいるときは大学の留学生寮とかに飛び込みで行ったこともあります。さすがに最初はためらいましたが、相手も日本に来る以上、日本人と仲良くなりたいはずと思って行きましたね。

大学の留学生寮は案外、誰でも入れると思います。受付の人とかがいるならば「中国人の友達を作って中国語を勉強したい」と伝えれば紹介してくれるかもしれません。

留学先ならば現地の大学の日本語学科に乗り込むのが一番です。緊張するかもしれませんが相手も歓迎してくれると思いますよ。

そして中国人の友人ができたならば素晴らしいとは思いませんか?





1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

語学留学のすすめ

中国語を学んでいる人は中国へ語学留学してみたいと思ったことはないでしょうか?

語学留学はHSKのような試験は必要ないのでお金と時間さえあれば誰でもできます。しかし留学したら中国語が話せるようになるか・・と言えばそうでもありません。

よく中国にいればなんとなく中国語が話せるようになるだろう、と思う人も多いようですが現地にいるだけで話せるようになれば苦労はしません。

実際シャオワンも語学留学しましたが、留学生の中には1年もいて買い物するのも一苦労という人もいました。厳しいことを書きますが、留学すれば話せるようになるだろうと安易に考えている人は一度と留学する前に考え直した方が良いと思われます。

当然留学しても勉強は必要です。留学のいいところは勉強して覚えた知識、インプットした語彙などを使う場が身近にあるところです。いくら中国語を覚えても使う場がなければ覚えた知識が正しいのか間違っているのかわかりません。

語学でもスポーツでも何でもそうですが、覚えてそれを実際に使えて初めて習得したことになるのだと思います。

留学のいいところは、その習得の確認がすぐにできることでしょう。

もし言い回しを覚えても発音が悪ければ通じません。そして生活の場が中国なので間違えるのが恥ずかしいとか言っている場合でもありません。否が応でも覚えた知識を使う機会は日本にいる時よりは多くなります。

それでは留学して失敗する人はどんな人でしょうか。ちょっとここに書いてみます。

まずは留学先で部屋にこもりがちの人や日本人とばかりいっしょにいる人です。留学先にも日本人は必ずと言っていいほど多くいます。
何かあった時のために彼らと仲良くする必要はありますが、いつも日本人同士でつるんでいては日本にいるのと変わりありません。

留学の良い点である中国語を話す機会や習得の確認の機会を無駄にしているのと同じです。シャオワンの留学経験から結構日本人だけで行動している人も多くいるように感じました。

急病とか事故のことを考えると日本人同士の付き合いも大切ですが、ある程度の距離は保つ必要はあると思います。

留学に行く人は、現地でもたくさん中国語を覚えて、それをすぐに町やお店で使ってみましょう。
そしてたくさん間違えてみてください。間違えれば身に付きますし、恥ずかしいことはありません。なぜならここは中国です。間違えても笑う人はいませんよ。間違えて、間違えてそして勉強すれば中国語の上達のスピードは大幅にアップすると思いますよ。






1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




posted by シャオ ワン at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

面白い意味の漢字

中国や台湾に行くと「なんだこれは」という思わせる漢字の文字に驚かられることはないでしょうか?初めてシャオワンが台湾に行った時、屋台に「熱狗」とかいてあってびっくりした思い出があります。

「熱狗」ってどういう意味だと思います??熱い犬?犬料理と思わず考えてしまいましたね。しかし意味は全く違う意味で「ホットドック」でした。単に英語を漢字に直したようですね。

中国語でいう外来語は漢字で表記されていますが日本人から見ると面白いものが多いと思います。「熱」に関連して「熱線」はホットラインという意味です。

あとおもしろかったのがマクドナルド、「麦当労」(麦mai4声、当dang1声、労lao2声)とケンタッキー、「肯徳基」(肯ken3声、徳de2声、基ji1声)です。これらは英語の音をそのまま中国語に当てているようです。

外国の国名、地名も当て字です。カナダは「加拿大」といった感じで訳されています。しかしなぜかアメリカは「美国」です。日本では「米国」ですが中国では美しい国になるのですね。
中国語の勉強をしながら外来語を漢字であらわすとどういう風になるのか見てみるのも面白いと思いますよ。

※戻ってきました。またよろしくお願いいたします。




1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




posted by シャオ ワン at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

広東語と中国語

中国語というとジャッキーチェンの映画の影響か広東語を思い浮かべる人も多いと思います。

広東語も勉強しようと思う人が多いのではないでしょうか?広東語は香港、マカオをはじめ広州などで主に使われています。また世界中に住む華僑の人も広東語を話す人が多いようです。

ニュージーランドに行った時に出会った華僑の方は広州出身の方でした。

ただシャオワンは広東語を本格的にないから勉強したことがないので詳しくはわかりませんが、香港とマカオ広州では多少の違いはあるようです。

ちなみに、1から10まで広東語で数えると「ヤッ、イ〜、サム、セイ、ン、ロッ、チャッ、パッ、ガオ、サプ」となるようです。(あえてカタカナ表記にしているので実際の発音は違うかもしれません)中国語と全く違う言葉ですね。

※今日から2日間、出張のためブロクの更新をお休みします。申し訳ありません。




1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ




ラベル:広東語 中国語
posted by シャオ ワン at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

中国語の試験

中国語の試験や検定は主に3つある。

まずは「中国語検定」。これは英語でいえば「英検」に当たる試験でしょう。ちなみに中国語検定はシャオワンは受けたことがないので体験談は書けませんが、準2級を取れば就職活動にも有利らしいです。しかしこの試験は日本にある団体が運営しているため日本であ有名ですが世界ではあまり通用しないと思われます。

そしてHSK。漢語水平考試とも言われています。この試験は英語でいえばTOEFLにあたりる試験です。中国の大学に留学する場合は受ける必要がある試験です。
級は1級から11級まであり11級が最高です。
試験の種類も「基礎」「初中等」「高等」3種類あります。「基礎」は1級から3級のレベルの人が受験対象で、「初中等」は3級から8級、「高等」は8級から11級のレベルの人が対象です。

中国の理系の大学に留学する場合は3級以上が、文系、中国医学系の学部に留学する場合は6級以上のレベルが必要だったと思います。
この試験は2回ほど(初中等を)受けたことがありますが結構長丁場の試験だった思い出があります。6級以上取れれば一人前とみなされる試験だと思います。

この試験は世界中の中国語学習者や華僑の方も受験する試験です。日本ではまだ認知度は低い試験ですが世界では通用する中国語の検定といえるでしょう。

最後にTECCについて紹介します。この試験は「中国語能力コミュニケーション検定」と呼ばれ英語でいえばTOEICにあたります。1000点満点の試験でリスニングと読解が500点づつの配点です。このスコアによってレベルが判定されるわけです。ここもTOEICにそっくりですね。
一時運営がきつくなって休止していたという話もありましたが今年は6月頃に試験があるようです。
この試験も2回ほど受けました。
たしか読解の量がとても多くて時間内に終わらなかった記憶があります。
個人的にはTECC、良い試験だと思うので将来、日本国内においては中検よりメジャーになるのではないかと思います。中国語を学ぶ人が今よりさらに増えれば受験者も増え、TECCの運営も良くなるのではないでしょうか?

詳細は

   中国語検定

   漢語水平考試

   中国語能力コミュニケーション検定


1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


posted by シャオ ワン at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語の試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ピンイン「c」の発音

中国語のピンインで「c」で始まるものがある、この音も日本語にはない。代表的な感じとしては「菜」(cai4声)や「次」(ci4声)がある。

普通「c」の音と言ったら「カキクケコ」(カ行の音の音をイメージするがピンインでは違うのです。あえてカタカナ表記すると「ツ」の音なのです。「菜」は「ツァイ」、次は「ツ」といった感じで発音します。
ちなみに「ci」と「cu」、日本語表記すると同じ「ツ」の音に聞こえますが中国語では違う音なのでご注意を。

「cu」に当たる漢字としては「酢」(cu4声)がありますが、イメージとしては「cu」の音は口をすぼめて(唇をとがらせてウの音を出すように)「ツー」(4声=勢いよくツーと発音する)と発音します。

「ci」は唇を横に広げて(イメージ的にはイ〜という感じで)ツーと発音します。

日本語では「ci」も「cu」も同じように聞こえますが中国語では違う音なので注意を。「an」「ang」と違ってこの2つの発音は聞き分けることができると思います。

同様に「zi」と「zu」、「si」と「su」の発音も同じ要領です。






1日1クリックお願いします♪↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


ラベル:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。