2009年01月29日

台湾語




よく中国語と台湾語は同じなのと言われますが全く違います。
台湾語はまだ広東語に近いかもしれません。

以前もこのブログに書きましたがフランス語と英語くらいの差はあるでしょう。使う文字は漢字ですが発音が違うのです。

声調も分類の仕方によっては6から8つあるそうです。

台湾語はもともと福建省の方言です。中国大陸ではビン南語(ビンは門構えに虫です)と呼ばれていて、福建省南部の都市、アモイとか泉州で使われています。福建省の対岸が台湾なのでなるほどと感じると思います。


参考までに中国語で1,2,3,4,5はイー、アールゥ、サン、スー、ウゥー(わかりやすいようにカタカナで書きますが実際の発音は多少なり異なります)となりますが台湾語ではチン、ネイ、サン、シー、ゴとなります。

なんと意外なことに3,4,5あ日本語の発音に似ています。もしかしたら日本語のルーツは中国南方から来たのかもしれませんね。

さらに日本、日本語では「ニッポン」とも読みますが、台湾語では「リッポン」と発音するそうです。

またゴキブリ、「ガッチョアー」と言いますがなんとこちらはインドネシア語と同じだそうです。

こうみると同じアジア圏で言葉はつながっているのですね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村



★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜




毎日放送↓↓侮れないNHK




【関連する記事】
posted by シャオ ワン at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

中国語の漢字




中国語は漢字を使うから簡単そうに感じるかもしれないが昨日書いたように発音がとても難しい。そして使われている漢字も日本の漢字とはだいぶ異なるものも多い。

中国で使われる漢字は「簡体字」と呼ばれている。

「漢字」と簡体字で書くと「●字」(●はさんずいにヌ)となる。日本の漢字と同じものも多いが全く想像もつかない字に変化しているものも多い。同じ漢字だがここまで中国は簡略してしまったのだ。

ちなみに台湾、香港では繁体字という種類の漢字を使用している。日本でいう旧漢字である。「学」は「學」となり「継続」は「繼續」となる。こちらの方あ我々日本人にとっても馴染みがるかもしれない。

応援願います↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村


中国語の学習にお勧め↓↓侮れないNHK





★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜



posted by シャオ ワン at 21:22| Comment(5) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

反り舌音




今日は中国語の発音について書いてみます。

中国語の発音は正直難しいです。日本語にない発音方法がたくさんあります。その中でも厄介なのが「反り舌音」というやつです。

ピンイン表記だとch,zh,sh,rが当たります。反り舌音というからには舌を上の歯の裏あたりまで巻いて発音するのですが日本人にはこれがなかなか難しいのです。

代表的な中国語で「我是日本人」(訳:私は日本人です)という表現がありますがなんと!!反り舌音のオンパレードです。「私は日本人です」という表現は日本人ならば自己紹介の時に使うでしょうがよりによって反り舌音だらけとは皮肉ですね!!

「我是日本人」ピンイン表記だとwo shi ri ben ren となります。反り絶音ばかりでしょう〜〜・・あえてカタカナで表示すると「ウォ シ リ ベン レン」となりますが日本が「シ」にしても「リ」にしても日本語のカタカナの音とは違うのでラジオやCDを聞いて覚えることをお勧めします。

ちなみに北京の人はこの反り舌音が大好きで舌を巻きすぎているのではないかというくらい強烈に発音します。逆に南方の人「福建、広東、台湾など」の人はやはりこの発音が苦手らしくピンインでいえばshiのhが抜けた発音をします。カタカナで敷いてあらわすと「ウォ スー イー ベン レン」 みたいな発音をしますね。いわゆる南方訛りとでもいうのでしょうか。

シャオワンの経験として、初めて台湾に行った時10と4がうまく聞き取れませんでした。10はshi(第2声)4はsi(第4声)ですがhが抜けるので声調が違うだけでどちらもsiに聞こえるのです。中国人同士でもたまに間違えることがあるようです。


中国語の学習にお勧め↓↓侮れないNHK





★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜



posted by シャオ ワン at 22:32| Comment(1) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

中国ってどんな国





今日は中国語からちょっと離れて中国について書いてみま〜す。

お隣の国、中国。中国と言えば歴史、料理、太極拳なんてイメージがあると思いますが果てしてどんな国なのでしょうか?

シャオワンの経験をもとに独断と偏見を交えて中国について書いていきたいと思います。

初めて中国に行った時はびっくりしました。何にって・・まずはトイレです。知っている方もいるとは思いますがトイレに壁がありません。ちょっと汚い話ですが大きい方も丸見えです。

はじめ中国の公衆トイレに入ったとき「まさか〜」とは思いましたがいたのです。堂々と用を足している人が・・こっちを見て踏ん張っているのです。目のやりどころに困りましたね。

さすがに今は上海とか北京のような大都市ではこのような光景はもうないとは思いますが、田舎の方ではまだまだあると思われます。

隣の国で知っているようで知らない国ですね。トイレ以外にも驚くことはまだまだありました。今後少しづつ紹介していきます。

中国語の学習にお勧め↓↓侮れないNHK





★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜



ラベル:中国 中国語
posted by シャオ ワン at 22:12| Comment(1) | 中国雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

拼音(ピンイン)とは?






中国を学ぶにあたって覚えなくてはいけないのが拼音(ピンイン)です。ピンインとは簡単にいえば中国語の漢字の振り仮名みたいなものです。この振り仮名によってどういう風に読むのかか分かります。

なおピンインはアルファベット表記です。このピンインを使って中国語学校とかでは発音の練習をするのです。なのでピンンを覚えるのは中国語会話を始めるには必須と言えるでしょう。

また中国語でインターネットをする場合ピンイン表記でキーボードに入力します。将来中国語でブログを書くためにもピンインはついて回ります。

ちなみに「漢語」をピンインであらわすとHàn yǔになります。アルファベットの上についている‐やvのようなマークは声調を表しています。

NHKの中国語会話ではピンインの説明も分かりやすく行ってくれるのでお勧めです。テキストも毎月300円くらいとお手頃な価格ではないかと思いますよ。

最後にピンインのアルファベットにuの上に点が二つ(üこんな文字)ついたものがあります。yuと同じ発音です。前後の漢字のピンインによってüになったりyuになったりします。「漢語」の「語」の字の発音ですね。
ちんみにこの発音は日本語にはない母音です。「ゆ」ではありません。唇はとがらせた「ウ」の形でイ〜っというとこの表記の音が発音できます。
パソコンとかで入力する場合は「V(ブイ)」で入力します。


ラベル:中国語 中国
posted by シャオ ワン at 15:07| Comment(1) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

中国語とは?

中国語と言ってもたくさんあります。

北京語、上海語、広東語などなどたくさんありますね。
しかも北京語と広東語はフランス語と英語なみの違いがあります。

でも私たちが中国語と言ったら北京語をもとにして作っれた「普通語」(中国語読みではプートンフア)と言います)
普通語はほとんど北京語と同じです。ちなみにこの普通語は台湾や中国南方でも一応通じます。


また中国語には声調というものがあります。声調とは同じ「マー」の音でも声の高さ、抑揚の違いによって違う意味になるのです。

たとえば馬と麻中国語は同じ「マー」ですが声の抑揚が違うのです。
中国語学習の難しいところの一つですね。

中国語を勉強する時はまずはこの声調の勉強は欠かせません。
意外にお勧めなのがNHKです。ラジオとテレビがありますが中国語の音を耳で聞いて覚えるには持って来いの教材でしょう。

文法も大事ですが中国語は音で覚えるのが良いと思いますよ。




★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜



posted by シャオ ワン at 23:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

はじめまして〜

はじめまして〜「シャオワン」と言います。

中国語は5年くらい勉強しました。一応、日常会話程度ならば話せるつもりです。

ところで中国語を始めるきっかけはなんでしょうか?

とにかく外国語を覚えたい、中国に恋人ができた、仕事で必要などなど諸事情があるとは思いますが、中国語が話せたらぶっちあけ楽しいです。

確かに最初はなかなかうまく話せず、基礎ばかりでつまらないかもしれません。ところがある一定のところで聞き取れるようになる日が来るのです。

いくつか「シャオワン」が実践した勉強方法を教えますのでご期待を!

★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜



ラベル:中国 会話 中国語
posted by シャオ ワン at 21:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。